平成27年度 群馬県立小児医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 1989 382 61 73 11
当院は県内唯一の小児専門病院であるため、年齢階級別では10歳未満の入院患者さんの割合が非常に高くなっています。そして、県内唯一の総合周産期母子医療センターとして産科を併設していることから20歳台から40歳台の患者もいらっしゃいます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 40 10.33 5.72 0.00% 6.40
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 4.79 7.03 0.00% 5.18
040080x1xxx1xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 あり 27 16.96 12.15 0.00% 6.89
当院の神経内科では、けいれん性疾患や周産期脳障害・急性脳障害およびその後遺症、神経・筋疾患、先天異常等様々な疾患・障害を持った患児が多く、成人された方も少なくありません。主な治療として、 抗てんかん薬などの薬剤を使った治療が中心になりますが、患者さんによっては、外科的治療が適応になることもあり、当院や他院の外科、耳鼻科、脳外科、形成外科等に紹介させて頂くこともあります。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 74 3.01 4.52 0.00% 4.07
14031xx101x1xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 完全型房室中隔欠損症手術等 手術・処置等2 あり 25 93.96 61.43 0.00% 0.00
14031xx19910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 24 3.42 4.63 0.00% 0.00
循環器科が主に治療する病気は、先天性心疾患(生まれつきの心臓病)、川崎病(熱が出たり、体に発疹の出る原因不明の病気で心臓に後遺症を残すことがあります)、不整脈、心筋症(心臓の筋肉がおかされる病気)などで、成長発達に影響を与える病気や直接命にかかわったり生涯治療を必要とするような重篤な病気などもあります。
子供の心臓病を専門にしている施設は少ないため、群馬県内はもとより県外からも患者さんを紹介していただいております。循環器科は心臓病のお子さんの健やかな成長を手助けできるようにスタッフ一同最新の治療を施行すべく努力をしております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 67 6.22 6.17 14.93% 0.00
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 30 63.07 43.59 6.67% 5.27
140010x297x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術あり 手術・処置等2 1あり 19 27.95 27.50 0.00% 0.00
当院における総合診療部としての役割を果たす総合内科や血液腫瘍疾患、腎臓疾患、内分泌疾患等を担当するとともに、群馬県の総合周産期母子医療センターとして、出生後早期に治療が必要な赤ちゃんについては当院の産科と密接に連携して診療にあたるとともに、院内の各診療科と協力して、重症な赤ちゃんやさまざまな先天異常、合併症のある赤ちゃんたちにも対応しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140490xx970xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1 なし 13 30.62 8.27 0.00% 5.46
140620xx97xxxx その他の先天異常 手術あり 11.79
070210xx97xxxx 下肢の変形 その他の手術あり 14.25
当院の整形外科では、対象疾患として先天性筋性斜頚、先天性股関節脱臼、先天性内反足、脳性麻痺、二分脊椎、下肢変形、骨系統疾患などがあります。先天性四肢奇形、骨系統疾患は、骨延長術の普及により安全に治療が行えるようになりました。 整形外科での入院加療をバックアップする体制(病棟のトイレ、シャワー、リハビリテーション、特別支援学校など)も整備され、群馬県における小児骨延長の基幹病院として機能をもっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 48 2.60 4.38 0.00% 3.58
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 39 10.82 9.88 0.00% 3.33
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 28 1.71 8.85 0.00% 3.82
形成外科は、先天性および後天性の身体外表の形および色の変化を治療の対象としています。対象となる疾患は顔面、手・足、体幹部の先天異常や母斑(あざ)、血管腫(赤あざ)、皮膚腫瘍、瘢痕などがあります。治療は手術をはじめレーザー治療などの様々な治療法を行っています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 48 3.02 3.32 0.00% 2.27
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 3.24 7.38 0.00% 10.07
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 16 5.06 5.50 6.25% 4.31
小児外科では、呼吸器(気管・肺など)・消化器(食道から肛門までの消化管や肝臓・膵臓など)・その他のお腹の中の臓器(腎臓・脾臓など)・皮膚軟部組織(皮膚・皮下組織・筋肉など)などの外科的な病気,腫瘍などを治療します。当センターに産科が開設されてからは出生前診断例も増加しており、新生児科、産科、麻酔科との合同カンファランスにより周産期からの管理を行っています。
なお、鼠径ヘルニア手術症例はDPC算定対象外となり、短期滞在手術等基本料3により算定します。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 33 8.24 9.94 3.03% 32.61
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 14 6.64 6.56 0.00% 30.57
120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2 なし 10 22.40 31.78 0.00% 32.00
当院の産科では、県内唯一の総合周産期母子医療センターとして切迫早産や妊娠高血圧症候群、胎児発育不全、多胎妊娠、出生前診断による胎児異常症例などを主な対象疾患としております。そして、原則として紹介患者さんを診療する事になっているため、入院患者さんは切迫早産や妊娠高血圧症候群、胎児発育不全などにより母体搬送されて来る症例が多く、外来患者さんは多胎妊娠や、出生前診断された胎児異常症例が多くを占めています。
アレルギー科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 70 7.34 5.72 0.00% 2.69
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 10.39 6.31 0.00% 4.97
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 17 5.12 5.50 0.00% 4.24
アレルギー感染免疫・呼吸器科では、小児のアレルギー性疾患である気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、アナフィラキシー、アレルギー性鼻炎などの病気を総合的に診療しています。アレルギー性疾患では、気管支喘息とアトピー性皮膚炎など幾つかの病気が合併することが多いため、個々の病気だけでなく総合的に診療することが重要です。
なお、小児食物アレルギー負荷検査症例はDPC算定対象外となり、短期滞在手術等基本料3により算定します。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
肝芽腫の症例となります。UICCTNM分類は適用外です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0
重症度 1
重症度 2
重症度 3
重症度 4
重症度 5
不明
20歳以上を対象患者としています。ウイルス肺炎や誤嚥性肺炎、気管支炎などは対象疾患に入っていません。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K570-3 経皮的肺動脈形成術 31 1.45 1.23 0.00% 1.97
K5761 心室中隔欠損閉鎖術(単独) 等 17 11.41 13.12 0.00% 0.76
K574-2 経皮的心房中隔欠損閉鎖術 11 1.00 3.27 0.00% 13.45
年間150症例の手術を実施しており手術成績も全国水準を上回り良好であります。心臓血管外科周術期クリニカルパス(PDA、ASD、VSD)の導入にて、低侵襲心臓手術(小切開手術・胸腔鏡下動脈管閉鎖術など)を積極的に実施するとともに、丁寧で精確な手術に心がけ、患児様の術後早期回復に誠心誠意努力しています。また、左心低形成症候群(HLHS)や重症エブスタイン奇形などの新生児重症疾患に関しましても、胎児超音波スクリーニング外来による出生前診断率の向上により、手術成績も格段に向上しております。更なる高水準の手術成績を目指して、メディカルスタッフ全員で日々研鑽し努力し、世界水準の医療を目指します。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術仮死第1度のもの 等 81 0.00 34.31 0.00% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術仮死第2度のもの 等 24 0.00 109.92 4.17% 0.00
K5622 動脈管開存症手術(動脈管開存閉鎖術(直視下)) 等
年間約300名の入院があり、そのうちの三分の二が院内出生です。院内出生の多くを低出生体重児、早産児、先天異常を合併している児が占めており、出生後早期からの治療を要しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6333 ヘルニア手術臍ヘルニア 27 0.33 0.33 0.00% 3.74
K2172 眼瞼内反症手術皮膚切開法 20 0.25 0.30 0.00% 7.75
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)長径2センチメートル以上4センチメートル未満 18 0.61 0.94 0.00% 4.61
当院は小児病院のため、顔面、手・足、体幹部の先天異常や母斑(あざ)、血管腫(赤あざ)、皮膚腫瘍、瘢痕など、特に先天的な疾患に対する手術が多いのが特徴です。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術鼠径ヘルニア 等 110 0.33 0.32 0.00% 3.41
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 64 1.06 1.02 0.00% 4.20
K836 停留精巣固定術 48 1.00 1.02 0.00% 2.27
27年度に目立ったこととしては腹腔鏡手術の増加と気管切開、喉頭気管分離術の増加です。腹腔鏡手術はここ数年で順調に増加しており、昨年度は腹腔鏡手術90件(去年は81件、一昨年は65件)となりました。腹腔鏡下ヘルニア根治術の適応を男児にも拡大したので、腹腔鏡手術症例数のさらなる増加が見込まれます。また昨年度から開始した気管切開、喉頭気管分離術も軌道に乗り、今年度は9例に施行しました。今後も依頼には迅速に対応していこうと思っています。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術選択帝王切開 等 29 5.45 5.62 3.45% 32.76
K8981 帝王切開術緊急帝王切開 等 23 4.43 5.96 0.00% 31.74
K8983 帝王切開術前置胎盤を合併する場合又は32週未満の早産の場合
切迫早産、多胎妊娠、胎児先天異常などのハイリスク症例の分娩を行っているため、全分娩に対する帝王切開の割合は毎年35%前後と一般の平均を上回っています。さらに帝王切開の50%は緊急帝王切開であり、その半数は勤務時間外の手術となっています。当院では母体大量出血への対応が困難なため前置胎盤の帝王切開は行っていませんが、妊娠32週未満の帝王切開は全帝王切開のうち20%を超えています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
敗血症では、DPC病名と入院契機病名が異なる症例がありました。入院契機病名は呼吸器疾患でした。
手術・術後の合併症は全てDPC病名と入院契機病名が同一の症例でした。術後創部感染やカテーテル感染などの症例で入院されました。
更新履歴
2016/9/30
病院指標を公開しました。