群馬県立小児医療センター
 
-
院長あいさつ | 基本方針 | センターのあらまし | 寄附について| 病院情報の公開
-  基本理念
 小児の専門病院として、未来あるこどもたちの生命(いのち)をまもり、すこやかな成長発達を支援します。
-  基本方針
1 小児の専門病院として、高度で安全かつ先進的な周産期、小児医療を提供し、地域の中核病院の役割を果たします。
2 子どもの権利の尊重とチーム医療により、安心で信頼できる医療を提供します。
3 地域の医療機関と連携して、診療、研究および研修を行い、周産期および小児の医療、保健レベルの向上に努め、子どもの望ましい成長発達を支えます。
4 適正な情報公開と診療情報の共有により、健全で透明性の高い病院経営に努めます。
-  子ども憲章
1 子どもは、安心できる環境の中で、良質でおもいやりのある医療を受ける権利があります。
2 子どもとその家族は、医療について年齢や理解度に応じた十分な説明と情報の提供を受ける権利があります。 
 そして、不必要な医療処置や検査から守られ、家族が治療に参加できるように配慮されます。
3 子どもとその家族は、医療について自由に意見を述べ自ら医療を選択しあるいは拒否する権利があります。 
4 子どもとその家族は担当医以外の医師の考え(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
5 子どもは年齢や症状に応じた養育を受ける権利があります。
6 子どもとその家族は、自己の診療録の開示を求める権利があります
7 子どもとその家族は、いつでもプライバシーが守られ、個人情報の保護を受ける権利があります。
8 子どもの権利条約を守ります。
-  患者さんとご家族の責務に関する病院からのお願い
 群馬県立小児医療センターでは、安全・安心で思いやりのある医療を目指しています。そのために医療を受けられる皆様にも、次のことを守っていただくことをお願いいたします。

1 適切な医療を受けられるように症状の変化やこれまでの経過、アレルギーの有無、薬の服用状況などについて正確にお知らせください。
2 十分な治療効果が得られるように治療にご協力ください。
3 全ての患者さんが快適な環境で医療が受けられるよう、当院で決めた約束事や病院職員の指示を守ってください。
4 社会ルールを守り、医療の妨げとなるような発言や行為は謹んでください。
5 受けた医療に対しては医療費をお払いください。

 上記の責務を守っていただけない場合は、当院での医療提供を受けられないこともあります。
-  職員倫理要綱
1 職員は、病める子どもたちの治療はもとより、子どもの成長発達を家族とともに支えるよう、医療を受ける者とその家族の人格を尊重し奉仕しなければならない。  
2 職員は、医療を受ける者に優しい心で接し、医療の内容をよく説明し、理解と信頼を得るよ努めなければならない。
3 職員は、医療を受ける者の知る権利と自己決定の権利を尊重し擁護しなければならない。
4 職員は,守秘義務を遵守し,個人情報の保護に努めなければならない。
5 職員は、国籍、人種、民族、宗教、信条、性別及び年齢にかかわらず、すべてに平等に、優しい心で接しなければならない。
6 職員は,常に自らも研鑽に努め、安心で信頼される最善の医療が提供できるように心がけなければならない。
7 職員は,互いに尊敬し協力して医療に尽くさなければならない。
8 職員は、医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くさなければならない。
9 職員は、国が定める医療に関する倫理指針を遵守しなければならない。
10 職員は、群馬県職員としての自覚を持ち、お互いに協力して病院の健全な運営に努めなければならない。
-  個人情報保護

 当院は患者さんの個人情報の保護に全力で取り組んでいます
 当院では、患者さんの個人情報については下記の目的に利用し、その取り扱いには細心の注意を払っています。
 個人情報の取り扱いについてお気づきの点は、患者相談窓口までお気軽にお申し出ください。

群馬県立小児医療センター 院長

当院における患者さんの個人情報の利用目的

【患者さんへの医療の提供に必要な利用目的】

1 院内における利用に係る事例
(1) 患者さんへの医療サービスの提供
(2) 医療保険事務
(3) 患者さんに係る管理運営業務上必要な利用のうち入退院等の病棟管理,会計・経理,医療事故等の報告,医療サービスの向上

2 院外への情報提供に伴う利用に係る事例
(1) 患者さんへ医療を提供するために必要な利用のうち、他の病院、診療所、助産所、保健福祉事務所、市町村保健センター、薬局, 訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携, 他の医療機関等からの照会への回答, 患者さんの診療等のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合, 検体検査業務等の業務委託, ご家族等への病状説明
(2) 医療保険事務のうち医療保険事務の委託, 審査支払機関へのレセプトの提出, 審査支払機関または保険者からの照会への回答
(3)事業者等から委託を受けた健康診断に係る、事業者等へのその結果の通知
(4)医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または届出等

【その他の利用目的】

1 院内における利用に係る事例
(1) 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
(2) 学生の実習への協力
(3) 症例研究

2 院外への情報提供に伴う利用に係る事例
(1) 外部監査機関への情報提供
(2) 県病院局総務課及び4県立病院間における情報の交換
(3) 医療の安全性の向上及び透明性の確保を目的として、医療事故やヒヤリ・ハット事例の公表を行う場合
(個人が特定、識別されることのないよう公表内容には十分配慮します)

3 学会等への登録
 当院では、関連学会、研究会での登録業務に協力しています。登録に際し、患者さんを特定する個人情報は守られていますが、関係する患者さんで登録を希望しない方は主治医にお申し出ください。いつでも登録をお断りすることはできます。
(1) 日本外科学会主導による、全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析を行う、外科手術・治療情報データベース事業(National Clinical Database:NCD)への登録
 @ これに関連した小児外科学会登録施設認定・更新、および専門医認定・更新に関わる患者登録
 A 同じく心臓血管外科施設認定・更新、および専門医認定・更新に関わる患者登録
(2) 日本直腸肛門奇形研究会、日本胆道閉鎖症研究会及び日本膵管胆道合流異常研究会での症例登録事業
(3) 日本内視鏡外科学会技術認定に関わる経験症例の登録
(4) 形成外科学会の施設認定・更新、および専門医認定・更新に関わる患者登録
(5) 日本小児血液学会の日本小児血液学会疾患登録事業への登録、これに関連した小児の特発性血小板減少性紫斑病(ITP)疫学観察研究への登録
(6) 日本産婦人科学会への周産期登録(分娩症例の登録)および専門医認定に関わる患者登録
(7) 日本周産期・新生児医学会の専門医認定および更新に関わる患者登録
(8) 日本歯科麻酔学認定医・専門医認定および更新、日本障害者歯科学会認定医認定および更新に関わる患者登録                   等        

付 記
◎上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨を窓口へお申し出ください。
◎お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
◎これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。

 当院では、受付等で患者さんをお名前で呼ばせていただいておりますが,ご了承ください。

▲ページの上に戻る
〒377-8577 群馬県渋川市北橘町下箱田779番地
TEL: 0279-52-3551(代表)、0279-52-4000 (予約)
FAX: 0279-52-2045(代表)、0279-52-7333 (地域医療連携)

Copyright (C) GUNMA CHILDREN’S MEDICAL CENTER All Rights Reserved.