群馬県立小児医療センター
 
診療科等紹介
-  形成外科
1.受診される方へ
 形成外科は、先天性および後天性の身体外表の形および色の変化を治療の対象としています。
 対象となる疾患は(3)対象疾患に示しますが、手術をはじめレーザー治療などの様々な治療法を行っています。
 小児では、手術を行う場合、全身麻酔が必要となることが多く、入院(通常3日以上)が必要となります。手術によっては、日帰りによる全身麻酔下手術で行っていることが当院の特徴です。
 診療内容等
(1) 外来診療 (再診)
月曜日午後1:00〜4:30
木曜日午後2:00〜4:30
(初診)
月曜日午前9:00〜10:00
木曜日午前9:00〜10:00
(2) 手術 入院全身麻酔手術、日帰りによる全身麻酔下手術 水曜日、金曜日
局所麻酔手術 金曜日
(3) レーザー治療
(赤あざ<血管腫>)
月曜日午前9:30〜11:00
(外来診察時に行うこともあります。)
▲ページの上に戻る
2.スタッフ紹介
 平成7年度より形成外科が常勤化され、平成17年度より二人体制になりました。
部長 浜島 昭人(中央手術部長)
資格 日本形成外科学会専門医、皮膚腫瘍外科指導専門医、日本創傷外科学会専門医 、獨協医科大学越谷病院小児外科特任教授、医学博士
参加学会 日本形成外科学会、日本頭蓋顎顔面外科学会、日本口蓋裂学会、日本美容外科学会、日本小児外科学会、日本外科学会
レジデント 大島 美喜子
参加学会 日本形成外科学会、日本口蓋裂学会
▲ページの上に戻る
3.対象疾患
 診療の対象となる異常及び疾患
(1)顔面の先天異常  
  口唇裂・口蓋裂  
  耳介の異常 副耳、埋没耳、小耳症、耳瘻孔など
  眼瞼の異常 眼瞼下垂、睫毛内反など
  鼻部の異常  
  口唇・舌の異常 上口唇小帯短縮症、巨口症、小口症、舌小帯短縮症など
(2)手・足の先天異常、外傷 多指(趾)症、合指(趾)症、爪の異常(巻き爪)など
(3)その他の先天異常  
  胸部の異常 漏斗胸、鳩胸など
  乳房の異常 副乳など
  腹部の異常 臍ヘルニアなど
  会陰部の異常 包茎、陰唇癒着症、腟欠損など
(4)母斑(あざ)、血管腫(赤あざ)、皮膚腫瘍  
(5)瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド 外傷・熱傷・手術後の傷跡など
(6)顔面の外傷、顔面骨骨折  
(7)熱傷(やけど)  
(8)皮膚潰瘍、褥創  
(9)その他:腋臭症(わきが)など  
 小児では、手術を行う場合、全身麻酔が必要となることが多く、入院(通常3日以上)が必要となります。
 手術によっては、日帰りによる全身麻酔下手術で行っていることが当院の特徴です。
4.主な治療
◆漏斗胸の治療◆
 平成11年夏からは、漏斗胸に対する新しい治療法であるNuss法を行っています。
 これは、彎曲したステンレス製のバーを胸腔内に入れて反転し、陥凹した胸骨を挙上するものです(図1)。
 小児外科、麻酔科、循環器科、リハビリテーション科、看護師と共同してチームアプローチによる治療を行ない、平成27年度末までにNuss法を107例に施行しました。
(図1)
◆血管腫に対するレーザー治療◆ 
 平成14年より、ダイレーザー(色素レーザー)による血管腫(赤あざ)の治療を施行しています。平成24年度にダイレーザー装置が新機種であるV-beamに更新されました(図2)。  レーザー治療では、瘢痕(きずあと)や副作用を残すことなく血管腫を治療することが可能で、保険診療で認められている治療法です。
 単純性血管腫、苺状血管腫、毛細血管拡張症が保険適応疾患となります。レーザー治療は、くり返し治療を必要とする場合があります。また、生後早期よりレーザー治療を行った方が効果的であると言われています。V-beamでは旧機種よりもより良好な治療結果が得られています。
(図2)

◆口唇口蓋裂に対する治療◆
 歯科、耳鼻科、小児科、リハビリテーション科(言語聴覚士)などとのチームアプローチによる治療を行っています。形成外科初診時に歯科とリハビリテーション課を受診することで、必要な場合は口蓋床(Hotz床)を早期より装用し、言語聴覚士による哺乳指導を行います。最近では産科と共同して、出生前診断で口唇口蓋裂が疑われる場合、出生後の治療についてのガイダンスをご家族に行っています。

5.業務実績
 平成9年より、日本形成外科学会教育関連施設として認定されています。

 平成27年度の新患患者数は552人、再診患者数は4120人で、総数4672人でした。
 平成27年度の形成外科の手術件数は1305件で、全身麻酔249件(入院162件、日帰りによる全身麻酔下手術87件)、局所麻酔1017件でした。
           <手術内容>
唇裂・口蓋裂 37 件
手、足の先天異常、外傷 20 件
その他の先天異常 116 件
母斑、血管腫、良性腫瘍 101 件
瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド 4 件
褥瘡、難治性潰瘍 2 件
その他(レーザー治療を含む) 1025 件
▲ページの上に戻る
〒377-8577 群馬県渋川市北橘町下箱田779番地
TEL: 0279-52-3551(代表)、0279-52-4000 (予約)
FAX: 0279-52-2045(代表)、0279-52-7333 (地域医療連携)

Copyright (C) GUNMA CHILDREN’S MEDICAL CENTER All Rights Reserved.