群馬県立小児医療センター
 
臨床研修医募集
-  後期臨床研修医募集(レジデント)
新小児科専門医コース 新生児科コース 外科コース 短期コース
新小児科専門医コース
平成29年度 小児科後期研修医の三次募集
<募集要項>
研修の概要 群馬県立小児医療センター小児科専門研修プログラム(950KB)に従って3年間の小児科研修を行う
募集資格 平成29年3月新臨床研修修了予定者 及び 修了者
募集人数 6名
採用予定日 平成29年4月1日
研修期間 平成29年4月1日から3年間
採用試験
日時 未定(平成29年2月22日〜2月28日)
場所 群馬県立小児医療センター
内容 書類選考 及び 面接
(必要があれば学科試験)
応募方法 下記の書類を事務局次長あてご郵送ください。

<応募書類>
応募申込書(15.1KB)(所定用紙)
・履歴書(市販の履歴書、写真添付、Eメールアドレスを記載)
・医師免許証の写し
応募締め切り  平成29年2月20日(月)
問い合わせ先 事務局次長 古沢 実知也
電話:0279-52-3551(内線 2205)
メール:furusawa-m@pref.gunma.lg.jp
<病院見学・説明会>
・日時:平成29年1月10日〜2月20日
 個々に日程調整をするので、希望者は下記の所定用紙に必要事項を記入し、FAX、メール添付にて下記までお送りください。
  FAX: 0279-52-2045
メール:furusawa-m@pref.gunma.lg.jp
ダウンロード:病院見学・説明会申込書(30.5KB)(所定用紙)
新生児科コースの概要
1.目的  日本小児科学会認定の小児科専門医受験に必要な研修内容のうち、新生児領域の研修を目的とします。
他の医療機関で研修中の方も歓迎します。
2.研修期間  原則1年から2年
 (1年未満も考慮します。)
3.募集期間  常時募集
4.研修内容  新生児科スタッフと同様に受持医として入院患者さんの診療、当直業務等に当たります。
当科では年間入院数約300例、極低出生体重児60例(このうち超低出生体重児30例)、人工換気60例(nasal CRAPのみの症例は除く)があり、1年間かけて新生児診療の基礎を習得していただきます。
 また、胎児診断カンファレンスを通し、産科および他科の医師との連携のもと、重症児の診療に胎児期から関わります。
 さらに、当院産科の正常新生児回診、地域の開業産科医院での分娩立ち合いやNICU車による新生児搬送も可能です。
外科コースの概要
1.はじめに  外科医を志す医師のパスポートである外科専門医資格の取得とそれに連動した外科関連各サブスペシャルティ専門医資格を取得することを主眼にしたカリキュラムを組み、当院の特長を生かした修練プログラムにより優れた外科医(小児外科医及び心臓血管外科医)を養成することを目的に後期レジデントを募集します。
 特徴としては、小児医療センターの外科系診療科(小児外科・心臓血管外科)として受け入れ、他の病院や地域医療の中核あるいは高度先進医療を取り入れた専門病院をローテートしながら研修することになります。熟達した外科医の指導のもとに豊富な症例が経験できる育成プログラムを編成しました。
2.外科専門医
  取得の要件
日本外科学会ホームページ(http://www.jssoc.or.jp/)参照
3.研修の概要
1) 小児医療センターが研修の中心の場となります。
2) 外科専門医とそれに連動する外科subspecialty専門医(特に小児外科・心臓血管外科)を目指すレジデント制度です。
3) 外科専門医取得に必要な3年間のうち1~2年目をJunior resident、3年目をSenior residentと位置づけ、外科専門医取得に必要な症例経験の条件を満たすため、Junior residentの初めの2年間で下記ローテーションを行います。(状況により変更する場合もあります。)
消化器外科、頭頚科、小児外科、呼吸器外科、
麻酔科、救急外科、乳腺外科、心臓血管外科
 
4) Senior residentの最後の1年間は小児医療センターにおいて、小児外科・心臓血管外科の研修を行い、サブスペシャルティ専門医研修に移行し、希望者はその後3-4年間の専門医養成システムへの参加が可能です。尚、ローテーションは個々のレジデントに応じて改変可能です。
5) 当院には2009年現在、外科指導医1名、外科専門医3名、胸部外科指導医1名、心臓血管外科専門医1名、小児外科指導医2名、専門医2名が在籍しています。
4.募集期間  常時募集
5.責任者からの
  メッセージ
 (心臓血管外科
    宮本 隆司)
 群馬県立小児医療センターでは、年間500例以上の外科的治療症例があり、充分な手術実績を積み重ねていただけると思います。外科専門医の取得は当然のことながら、将来、小児外科医や心臓血管外科医の道を選択される方々にとって、本プログラムは非常に魅力あるカリキュラムであり、有意義な修練生活を送って頂けると確信しております。外科専門医取得後も連続的に各分野の専門医を県立病院群にて取得して頂き、病院群の常勤スタッフとして活躍して頂きたいと願っています。
短期(小児科専門医取得支援)コースの概要
1.目的  日本小児科学会認定の小児科専門医の取得を支援します。
2.研修期間  原則として3か月間
3.募集期間  常時募集
4.研修内容  小児科専門医を取得するためには小児科学会が定めた10分野(新生児、循環器疾患、血液腫瘍疾患、神経筋疾患、腎・泌尿器疾患、アレルギー感染免疫・呼吸器疾患等)にわたる30症例(各分野少なくとも2例が含まれることが必要)についての症例要約の提出が求められます。一般病院でこれらの疾患のすべてを経験することは難しいのが現状だと思われます。
 本コースは当院において特定の分野(たとえば、新生児、循環器、血液腫瘍、神経、アレルギー感染免疫・呼吸器、小児麻酔、外科等)を3カ月間研修していただき、専門医取得に欠けている症例を経験していただくコースです。
 原則として1分野3カ月を基本としておりますが、3分野6カ月等の研修も可能ですのでご相談ください。
採用申請書等
1.後期臨床研修医採用申請書
2.身体検査書
3.履歴書
お問い合わせ先
〒377-8577
群馬県渋川市北橘町下箱田779
群馬県立小児医療センター
担当:事務局総務課
TEL:0279-52-3551
FAX:0279-52-2045
お問い合わせフォーム
▲ページの上に戻る
〒377-8577 群馬県渋川市北橘町下箱田779番地
TEL: 0279-52-3551(代表)、0279-52-4000 (予約)
FAX: 0279-52-2045(代表)、0279-52-7333 (地域医療連携)

Copyright (C) GUNMA CHILDREN’S MEDICAL CENTER All Rights Reserved.